珈琲&ワッフルの店 『赤い猫 と オルガン♪』

奉還町にある小さなカフェ『赤い猫とオルガン@バンビ珈琲』の公式ブログです ☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先ほど、貯まっていた洗い物が片付いてやっと一息・・・☆

一人で店をやっていると忙しい間は作るのが精一杯で洗い物が
なかなか出来ないのです。。。



こういうのを『うれしい悲鳴』っていうのでしょうか?笑



今日は結構な「真夏日」だったようですね!

お客さんの店に入ってきた瞬間に発する一言は決まって



『涼しぃぃぃぃ~~~~~♪』



ずっと店の中にいても、この一言で外の状況がわかりますw



お客さん達が「冷おしぼり」で顔を拭くの見ると初夏を感じるw



おかげさまで今日は『水出しアイスコーヒー』がよく出ました♪



ここ数日は暑かったり寒かったり…全く天候が読めない。



翌日分の「アイスコーヒー」をどのくらい作っておくか?

これにいつも悩みます(@_@;)


皆さまご存知の通り『水出しコーヒー』ってのは水出しコーヒー抽出器で一滴一滴ゆっくりと
時間を掛けて抽出したコーヒーです☆


「バンビ」のレジ横に設置している抽出器では30杯分を作ることが出来るのですが所要時間は
約10時間!!


店写真 512


ちなみに今コレは使ってなくて自宅にあるひと回り小さいカリタの抽出器を使用しています!
アイスコーヒーがいっぱい出る時期になったらまたコレを使いますw


時間は掛かりますが「」を加えずに抽出するので「酸化」せず、豆本来の味と香りを楽しむ
ことが出来ます♪


苦味とコク! キリッとした酸味とノドごし! 飲んだあとも残る香りの余韻★



完売してガッカリ・・・ってことの無いように、明日は定休日ですが次営業日から
やや多めに用意しておかねば(><)


この辺に来た際は『珈琲バンビ』で涼んでってくださいねぇ~(^^)/☆
スポンサーサイト
店写真 064

待望の新レギュラースイーツが完成いたしました

最初は「ブラウニー」にするつもりが何かいろいろ試作していたら「パウンド(?)」っぽく
なってしまいました(><)


ってことで「しっとりショコラパウンド」です!!


甘さを控えビターな風味としっとりした食感

こちらも20cm型で焼いているので結構なボリュームですが、美味しいものは別腹って
ことでぺロリッといけちゃいます(^^)


「自家製ケーキ」は日替わりで焼いているのでご来店の際に運よく巡り会えた方は是非食べ
てみてくださいネ!
店写真 506


どうもモジヲです

最近いろいろと思い付いたお菓子をちょくちょく試作してみては
実家に持ち帰りみんなに試食させる日々

最初のうちはみんな喜んで食べてくれていたのですが・・・



先日から従姉妹家やオカンの職場などにも持ち込んでいます。



そんな試行錯誤を繰り返しながら、また一つ新メニューが完成
いたしました


バンビ特製『マサラ・チャイの豆乳シフォンケーキ』です


当店で人気の「マサラ・チャイ」をそのまんまシフォンケーキに
してみました


もちろん岡山一の呼び声高い『バンビのオレンジシフォン』にも
匹敵するしっとりフワフワ感に仕上がっています♪


バンビのオレンジシフォン』同様、しっかりとした味と香り☆
20cm型で焼き一人分がガッツリと2切れあるので

「シフォンケーキは食べた気がしない・・・」って方も大満足して
いただけます


ケーキに添えてあるクリームは自家製『生姜ジャム』を使用した
果肉たっぷりの特製生姜クリームです!

ピリッと辛いですがクセになりますょ(^_^)
お好みでシフォンに付けながらお召し上がりくださいませ☆



ちなみに「チャイシフォン」の味と香りを損なわない飲み物は何か
いろいろ飲み合わせてみたところ、「紅茶(オレペコorアッサム)」
もしくは「アメリカンソフトブレンド」くらいが個人的にはオススメな
組み合わせですね

皆様も好みの最適な組合わせを探してみてください

一応『マサラチャイの豆乳シフォンケーキ』は冬季限定の予定で
作ったのでお越しの際は一度お試しください!!
店写真 502
どうもモジヲです☆


最近やっと「サイフォンドリップ」にも慣れて安定した味を出せるように
なってきました♪

先日ちょろっと書きましたが「ハンドドリップ」から「サイフォンドリップ」に
切り替えました。



なぜ切り替えたのか?というと一人で忙しい時に「ハンドドリップ」では
どうしても安定した味のコーヒーを淹れるのが難しかったからです(*_*;)


「それは技術次第だ」と言われればそれまでなのですがバタバタと
ランチやケーキの準備しながら淹れると「美味しく淹れれてるのか
ものすごく不安になります・・・(。_。)

たまに帰り際「美味しかったです」と言ってくださるお客さんも少なく
ないのですが申し訳ない気持ちになります。


2人体制の時や暇な時間帯に集中して淹れた珈琲は自信持って提供
出来るんですけどね。




サイフォンドリップ」の良い所は決めた手順、豆、抽出時間さえ守って
淹れれば大体安定したコーヒーを淹れれるとこです


なにより「サイフォン」は『ヴィジュアル』がカッコイイです



サイフォン」は技や技術(←これも多少はありますが)より『豆の種類』
『焙煎具合』『挽きの荒さ』と『抽出時間』によって味が左右されます!

抽出の手順や時間は基本的なやり方はあるのですが、これはお店に
よって自己流であり、カッコよく言えば『店の我流』ですw


ちなみに「ハンドドリップ」の場合、豆はもちろんですが『抽出時の湯温』
『蒸らし時間』『抽出時に湯を注ぐスピード、量』など細かく変えることで
その珈琲に適した様々なやり方が出来ます

しかし、これはどれか一つ変わると違うコーヒーになってしまうということ
にもなります(;_;)


独自の珈琲を売りに喫茶店やっている異状は『バンビの珈琲の味』を
皆様に同じように提供したいと想います

まぁ『珈琲は生き物』っとよく言われるように常に変化するものなので
どう頑張っても100%同じものは出来ないんですけどね(^_^;)



ついつい珈琲を語ってしまいましたが、こういうこと考えながらいろんな
お店でコーヒー飲み歩いたり自分で淹れてみると


『珈琲は本当に奥深い・・・・。』


そう想うとコーヒー飲むのも淹れるのもおもしろいです

コーヒーの好みは人それぞれですが、少なくとも『自分の理想の珈琲
を提供してお客さんに喜んで頂ければ幸いです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。